久本投手、左肘の故障は全治未定、診断は「左肘尺側手根屈筋起始部損傷」

先日の記事、続報です(´・ω:;.:…

今シーズンはダメかもしれませんね…

広島の久本祐一投手が30日、広島市内の病院で左肘の超音波検査などを受け「左肘尺側手根屈筋起始部損傷」と診断を受けた。3週間のギプス固定で、全治は未定。

久本は29日のDeNA戦(横浜)で2番手として登板。投球中に左肘を痛め、途中降板した。

ソースはこちら。

広島・久本が左肘故障で全治未定 (デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース

 

貴重な左腕が…

最近のカープ、怪我人が多くてちょっと心配です。

関連記事

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ