緒方監督談話「僅差ゲームはオレの責任だと思ってる、ミスをしても取り返すチャンスはまだある」

[2017年10月 カープ監督談話]

20日のCSファイナル第3戦、DeNAに敗戦したカープ緒方孝市監督の試合後コメント。

緒方孝市監督 試合後談話

緒方監督「1点が遠かった。投手陣はしっかり投げてくれた。ジョンソンも1点か、中継ぎ陣もよく抑えて攻撃を待ったんだけどな」

緒方監督「こういう僅差というゲームは自分の中ではオレの責任だと思ってる。選手は切り替えてやってくれればいいんだ、まだ取り返すチャンスはあるじゃないか。固くなっても何してでも、思いきってプレーをしてくれよとオレは声をかけるつもりだよ。とにかくミスをしても取り返すチャンスはまだあるんだ」

TBSラジオ [20日] エキサイトベースボールスペシャル クライマックスシリーズ ファイナルステージ 第3戦(マツダスタジアム) より

試合結果

関連記事

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

4件のコメント


  1. カープは同点でも勝ちに等しいことを忘れないでほしい
    レギュラーシーズンではないやり方は必要かと。。

    返信

  2. 日本シリーズへ向けて良い経験になったと思います。
    この試練を乗り越えて日本一を勝ち取れるよう
    応援していきましょう。

    返信

  3. とにかく、昨日のゲームはらしくないことばかりだった。
    バティスタの4番も空振りに終わったし。
    これはもう切り替えて戦うしかない。それを先頭切って見せるのが、タナキクマルだと思う。頑張ってくれ!

    返信

コメントを残す