山崎隆造さんがカープ CS の敗因・教訓を解説「負けた=来年は始まっている」【N6】

[2017年10月 カープ関連 テレビ放送]

RCCテレビ “RCCニュース6” にカープOB・山崎隆造さんが出演。カープがクライマックスシリーズで敗退、その敗因・教訓を解説する山崎さん。

山崎隆造さんがカープ CS の敗因・教訓を解説

山崎さん「やっぱりこの短期決戦の難しさっていうのは、ボクは改めて感じましたね。特に選手個々がゲームに入れてないっていうか、入れてない選手が多かったような気がしますね」

山崎さん「まぁ言い方変えればノレなかったというか、だから DeNA にとっては阪神との対戦で連戦にはなったけれども、体力的な疲れはあったかもしれないけど、勢いは感じてたはずで。勢いのままこの広島に乗り込んできたっていうね。はっきり言うとラミレス監督の、スパッとした考えとか決断がハマったという」

山崎さん「かたや緒方監督は迷いを感じながらやってたのかな、なんか後手後手に回ってたっていうのが印象ですよね。打ち勝たなきゃいけない、で打たなきゃいけないっていう思いが強すぎてっていうか。それで良いスタートが切れなかった、ありゃありゃというように向こうの方が逆に勢いついたっていうとこでなおさら、焦りっていうのがね、チーム全体に知らないうちに蔓延してたのかなという」

【次ページへ】 空きすぎた日程

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ