前後で両肘がひっつく肩甲骨の柔らかさ、山口翔「『山口なら任せられるぞ』ってピッチャーを目指してやっていきたい」【Eタウン・SPORTS】

[2017年11月 カープ関連 テレビ放送]

RCCテレビ “Eタウン・SPORTS” でカープドラフト2位・山口翔投手のインタビューが放送。高校入学時は120km/h台前半だった球速を伸ばした熊本工業の練習が明らかに。

肩甲骨が柔らかいドラフト2位・山口翔投手

山口「けっこう走り込んで投げ込んだりして、かつ柔軟性もしっかりやっていって、その結果がMAX151まで出たのかなと。で、冬になったら丸太を持って、内野と外野の切れ目のところを30秒でダイヤモンド走る、みたいなのを」

山口「体全身にくるんで、全身鍛えれるトレーニングなんで、けっこうキツかったです😊」

快速球の秘密、肩甲骨の柔らかさ

山口「こうしたらくっつくんです、痛くないです」

ファンへメッセージ

山口「初めまして、広島東洋カープに指名された熊本工業の山口です。自分は小さい頃からマツダスタジアムでも試合をやったことがあるので、真っ赤に染まったマツダスタジアムでしっかり1軍で投げれるようなピッチャー目指して『山口なら任せられるぞ』ってピッチャーを目指してやっていきたいです。これからも応援よろしくお願いします」

RCCテレビ [4日] Eタウン・SPORTS より

関連記事

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

コメントを残す