西川「プロに入って一回り成長させてもらった」野間「自分で打って塁に出て還るのが理想」石井琢朗元打撃コーチの教え【Eスポ】

[2017年11月 カープ選手インタビュー]

RCCテレビ “Eタウン・SPORTS” でカープ西川龍馬&野間峻祥選手のインタビューが放送。今季限りで退団した石井琢朗元打撃コーチに教わったことを明かす両選手。

西川龍馬&野間峻祥が石井琢朗元コーチに教わったこと

――バットコントロールが巧みなので、どんなボールも当てますよね?

西川「それがダメなとこなんですよね。狙ってない球でも空振りができない、できひんていうか、ぷちぷちって当たって『あ、もったいな』っていうのがあるんで」

西川「ファウルになればいいんですけど、ボクの場合こう、中に入ってまうんで。それがなくなれば率ももうちょっと上がるかなとは思うんすけど」

プロ入り後は社会人時代より軽い850gのバット

西川「遠心力で飛ばすっていうか、ヘッド効かして。って高校の時はやってましたけど、それで社会人行ってそれじゃ大人の球についていかれへんなっていうのに気付いて」

――こう振れば飛ぶ、という実感は

西川「自分が思ってた以上にあんま振らんでも飛んでくなっていうか、しっかり体を使ってれば打球は飛ぶなっていうのは感じましたね」

【次ページへ】 石井琢朗元打撃コーチの教え

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ