野村謙二郎さんがカープ秋季キャンプを解説「今1番の課題っていうのは、左ピッチャーが中継ぎにいれば……」【元気丸】

[2017年11月 カープ関連テレビ放送]

広島テレビ “進め!スポーツ元気丸” にカープ前監督・プロ野球解説者の野村謙二郎さんが出演。秋季キャンプの映像を見て解説する野村謙二郎さん。

野村謙二郎さんがカープ秋季キャンプを解説

野村さん「秋のキャンプっていうのは、やはりいろんなことを試せるキャンプでもあり、そして来春の1軍スタートをかけた首脳陣に良いアピールをするっていう場でもあるんですよね。そういった意味ではマルチプレイヤー、ユーティリティー的なキャッチャーでありながらいろんなポジションを守れるっていうのはチームにとっても大きいでしょうし」

野村さん「特にカープの場合は今1番の課題っていうのは、課題と言いますかチャンピオンになったわけなんですけども、左ピッチャーが中継ぎにいれば……っていうのがやっぱりどうしても大きな課題になるんではないかなっていう風に思いますね」

――シート打撃で左投手5人が登板

野村さん「もう課題っていうのはハッキリしてるんですけども、なぜかっていうと左ピッチャーがいる・いないで相手が代打を非常に出しやすいんですよね。だからもうカープには右しかいないから左バッターを出しても、向こうは変えてくることがないだろうっていう作戦面は1年として非常に大きいですから。良い左投手、中継ぎでワンポイントでもいい、1イニングでもいい、2人でもいいんですけども、いるということが選手が出てくればですね、非常に作戦面もとりやすいかな?という風に思いますね、頑張ってもらいたいです」

――オスカル投手がサイドスローに転向したり、各ピッチャーが持ち味を出しアピール

野村さん「そうですね、自分が今までやってきたことプラス少しフォームを変えて、なんとか1軍の戦力、1軍の中で優勝に貢献したいという気持ちの表れだと思いますね。これもうコーチと相談してしっかりやってるので、しっかり土台を作って春のキャンプで良い結果を出してもらいたいと思いますね」

広島テレビ [12日] 進め!スポーツ元気丸 より

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ