ツーシームを武器に飛躍、薮田「(来季)もう不安しかない」目標は規定投球回数クリア【N6】

[2017年11月 カープ選手インタビュー]

RCCテレビ “RCCニュース6” でカープ薮田和樹投手のインタビューが放送。中継ぎでスタートし先発転向、ツーシームを武器に15勝を挙げた薮田。

ツーシームを武器に飛躍、薮田和樹インタビュー

薮田「想像はできなかったですし、まず中継ぎからスタートしたので。どんどん中継ぎでもっと良いポジションで投げたいっていう思いで、チーム内で誰よりも投げるって思いで、シーズン当初はスタートしたので。チーム最多登板っていうのを目標に掲げてました」

薮田が特に印象深い試合

薮田「交流戦のオリックス戦ですね、三次で投げた。相手投手に金子さんっていうパ・リーグを代表するピッチャーで、ホント自分としては三次は1年目にも初黒星を喫して良い思い出がなかったので。右バッターが多い打線で、自分の被打率を見ても右の方が苦手にしていて、そこで粘って投げれたのがホントに大きかったなと思います」

対左バッター

薮田「やっぱり左に対してはツーシーム、自分の自信を持ってる球種というか武器にしてるので。その球種を自信を持って投げれるっていうところだと思います」

薮田「元々は大学時代フォークを投げてて、でもっとシュートしたりシュートしながら落ちていくっていう東浜さんのボールを見て『あのボールも投げたい』ってなって教わって投げ始めたんで。やっぱりツーシームっていうのが自分の中でも、口癖というか呼び方になってて。そうですね、やっぱり他のピッチャーから見られたらフォークっていつも言われるんですけど、自分の中では元々フォークを持ってたので、あれはツーシームだと思います😊」

【次ページへ】 中継ぎ陣への思い・ツーシーム

関連記事

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

コメントを残す