先輩左腕を参考にする高橋昂也「チームに1日でも早く貢献できれば」下半身を使った投球フォームを固める【N6】

[2017年11月 カープ選手インタビュー]

RCCテレビ “RCCニュース6” でカープ高橋昂也投手のインタビューが放送。今季の手応えや秋季キャンプ、来季への思いを明かす高橋昂也。

高橋昂也、秋季キャンプでの取り組み&来季への思い

2軍での成績

高橋昂「まず2軍のローテーションでシーズンの後半からですけど、そこで投げさせてもらえて、プロのレベルというかそういうのを肌で感じることができて、そういう面ではスゴい良い経験をさせてもらったんだなと思いました。自分のボールが思ったより通用したなっていうのが、ありました」

フィジカルトレーニング

高橋昂「シーズン強化選手としていろいろトレーニングをして、そっからウエイトもけっこうし始めて、体重というかどんどんどんどん体は大きくなっていきました。2~3kg はけっこう増えましたね、筋肉量が増えました。高校の時に比べると、安定感というかもっともっと出していきたい部分はあるんですけど、そこが変わったかなと思います」

投球フォーム

高橋昂「良い時のフォームっていうのをしっかりとこのキャンプで投げ込んで、固めていっていければいいかなとは思います。もっと下半身を使って、粘りのあると言いますか、そういうピッチングをもっとできればいいかなと思います」

左腕の先輩

高橋昂「先輩方もお手本になるような左投手ばっかで、そこはもうホントに練習の中で参考にしつつ、けっこうアドバイスとかも頂いてやってます。自分がまず1軍で活躍したいというのもあるんで、そこでしっかりと仕事ができればいいなとは思います」

来季へ

高橋昂「まずはしっかりとこのキャンプでアピールをして、まず春のキャンプにお呼びがかかるようなアピールができれば。それと来シーズンでしっかりとチームに1日でも早く貢献できればいいかなと思います」

RCCテレビ [21日] RCCニュース6 より

関連記事

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

コメントを残す