実家のお寺はクリスマスが存在せず、梵「サンタさんなんかいるもんかとは思ってました」今は優しいパパ

[2017年12月 カープ選手トークショー]

3日、三次市のショッピングセンター CCプラザで行われた梵英心トークショー。参加者からの質問コーナーで梵家のクリスマス事情を明かす梵。

梵英心トークショー、実家のお寺はクリスマスが存在せず

Q. ご実家はお寺ですが、クリスマスはありましたか?

梵「ないです、ないです。ないんですよね、お兄ちゃん?」

――じゃあ24・25日って何をしてたんですか

梵「普通に過ごしてましたよ」

――365日の中で皆さんにとっては一代イベントだと思うんですけど、梵家ではあまり重要な1日・2日ではない?

梵「ないですね」

――サンタさん来るじゃないですか、周りはプレゼントもらってる。悔しいなとかウチにはサンタ来ないのかなとか、思ってなかったですか

梵「ボクはそういう環境では育ってなかったので、サンタさんなんかいるもんかとは思ってました」

――子どももいらっしゃいますからね

梵「けど、やっぱり子どもをね、授かりまして。ちょっと『サンタさん、いるの?』みたいな。夢 壊しちゃダメだなと思って『サンタさんはいるよ』と。『いつか来るよ』という感じで教えてますけど。特別なんか、ボクが小っさい頃は、別にそんなイベントっていう感じではなかったですけどね」

――梵家の中で一大イベントって言ったら、1年の中でいつになるんですか

梵「いつっすかね、12月31日かな」

――大晦日

梵「う~ん。あの日はホントまぁ、お寺の息子なんだなっていうのを実感する日ですかね。それが普通な環境で育ってるんで、12月31日は特別っちゃ特別ですね」

関連記事

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

コメントを残す