赤松が“がん”の講演会「マツダスタジアムで盗塁できるように頑張る」松山の体脂肪は女子並み【テレビ派】

[2017年12月 カープ関連 テレビ放送]

広島テレビ “テレビ派” で講演を行ったカープ赤松真人選手の模様が放送。「マツダスタジアムで盗塁できるように頑張る」と赤松。

赤松真人が“がん”について講演会

赤松「ボクがテレビに出たり野球をすることによって、ホントに勇気というか元気になる方々が少しの1人でもいるんであれば、ボクは絶対に野球をやらないといけないですし」

――昨日、呉市内のホテルで行われた講演会。赤松選手が呉商工会議所の会員らおよそ160人を前にがんについて語りました

赤松「抗がん剤を言われた時、その時のほうが胃がんと言われるよりキツかったですね。傷口がおさまったらすぐ野球できると思ってたのに

赤松「それが半年延びたわけじゃないですか、野球できない時期が。で、その半年後にまた野球ができるのかどうかもわかんない不安、になりました」

赤松「元々体脂肪が少なかったのが、もうまた少なくなって。シーズン中8~9%だったのに今4.何%。ウチの松山っていますよね、松山は30何%あるんですよ体脂肪。女子!女子!」

復帰への意気込み

赤松「すごい病気ですけど、しっかりと治して皆さんの前で、マツダスタジアムで盗塁できるように頑張りますので、これからもまたボクもカープも、応援をよろしくお願いします」

講演会を終えて

赤松「恩返しという意味で、病気のことを知ってもらう場を皆さんに与えなきゃいけないし、それができる立場としてやらなきゃいけないのかなっていうのはありますね」

広島テレビ [5日] テレビ派 より

関連記事

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

コメントを残す