胃がんからの復帰を目指す赤松真人「感謝の気持ちで野球をしている」現状は50~60%、後輩・野間の話も【みんテレ】

[2017年12月 カープ選手インタビュー]

TSS テレビ新広島 “TSSみんなのテレビ②” でカープ赤松真人選手の特集が放送。現在の状態や闘病生活、復帰への思いを明かす赤松。

胃がんからの復帰を目指す赤松真人

今の状態

赤松「50%から60%、かな?って感じですね。普通に一般で生活をしていくレベルで言えば何の問題もないんですけど、やっぱりちょっと練習をこう、いきなりふとした瞬間動いた時にふらっとしたり、血糖値が下がってしまうことがあるので。それがちょっと今の不安、かな」

赤松「焦る部分はありますけど、焦っても仕方ない……し、ホントにもう無理たらもう何て言うんですかね、その分跳ね返ってくるんですよね、今。昔だったらやった分 筋力になったり体つきが変わったりしたんですけど、もうホントにこう、やっぱ胃も小っちゃくなってるんで、それだけカロリーを消費してしまうと摂取するカロリーが少ないんですよね。だからもうどんどんどんどん蓄えが削られちゃうんですよ。そうなってくるとやっぱ倒れちゃうんで、無理せず、今できることをしっかりとやる」

胃がんとの闘病生活

赤松「早かったです。抗がん剤であったりそういうことをしてる時っていうのはすごく長かったですけど、もう今年の7月にチーム合流をさして頂いて、そっから今までっていうのはまぁ早かったですね。1人だったので、トレーニングをするにしろ。1人2人3人でもチームの関係者がいるところで練習を一緒にできるっていう喜びですね。嬉しかったですね」

――赤松さんの口から「野球を辞める」みたいなコメントが一切ないじゃないですか、辞めなきゃダメかもしれないみたいな感覚・思いは一瞬でもあったりしたんですか?

赤松「ありましたよ、ありましたありました。やっぱ合流した時ですよね、7月にやっぱりこう、動いて『いやこれちょっと無理だな』って思ったんですよ。その自分の思ってる体の動きと……想像はしてました、筋力落ちてるし、半年間も動いてないっていうのはあったんで『ま、これぐらいだろうな』っていう想像をはるかに超えていくようなダメージというか、あったんで。いやこれはちょっと厳しいなと。でまぁ筋力は3ヶ月で戻るって言われて『いやこれ戻らんぞ』っていう感じでスタートしたんですよね、7月に」

赤松「不安もありましたけど、やっぱ動けてる自分が、合流してる自分が、みんなと一緒にやってる自分が楽しかったんですよね。だから乗り越えれていったんだと思います」

【次ページへ】 後輩・野間峻祥

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

3件のコメント


  1. 丁寧な記事のアップありがとうございます。凄く考えさせられるインタビューですね❗
    赤松頑張れ👊😆🎵


  2. 管理人さん
    いつもありがとうございます。

    赤松っちゃん、ずーっと待っとるよ。
    グラウンド駆け回る姿、楽しみにしとくよ。