北別府学の週刊ぺいBACK:新外国人レオネル・カンポス、外国人枠の争い【Jステ】

[2018年1月 カープ関連 テレビ放送]

広島ホームテレビ “HOME Jステーション” で毎週月曜日恒例、北別府学の週刊ぺいBACKが放送。カープの補強、外国人枠の争いを分析するぺいさん。

“補強”より“底上げ” 競争激化の外国人枠

今オフの選手補強

ぺいさん「2連覇もしてますし、戦力的に足りなくて日本シリーズに出場できなかったわけではありませんからね。レギュラー選手の年齢も若いですし、すぐ即戦力で補っていかなきゃいけないという状況でもありませんし、昨年は2軍も優勝してますんでね、そういった意味では将来を見据えたドラフトだったんじゃないかと思いますね」

新外国人レオネル・カンポス投手

ぺいさん「第3の投手、ということだと思うんですよね。昨年ジョンソンがね、出だしが調子が悪くてヘーゲンズが先発回ったりというのもありましたけども、できないことはないと思いますけども、ジャクソンの出来次第ではこの中継ぎに回すっていう形じゃないかなと思うんですね」

――リリーフ陣の負担軽減も兼ねての

ぺいさん「そうですね、あくまでも保険的・予備的な問題だと思いますね」

2018年カープ外国人6選手

ぺいさん「例年のごとくずっとこの3人体制、野手3人そして投手が3人という形でずっと補強してきてますからね。そういう意味では誰かが調子が悪くても、すぐにでも代われる外国人がいるっていうことだと思いますね」

クリス・ジョンソン

ぺいさん「一昨年・その前ですね、活躍してくれまして、その疲れっていうのが昨年あったと思うんですね。そういった中で体調不良ということで、出だしが遅れたっていうのはあるんですけども。昨年の経験を自分自身が今シーズン生かしていくとすれば、とにかく体調さえ良ければ万全だと思いますしね。自主トレ・キャンプでしっかり体を作って、ローテーションの一角を守ってくれるんじゃないかなと。自分のペースで投げてくれれば、一昨年・その前の成績に近い数字は残してくれるんじゃないかなと思いますね」

広島ホームテレビ [8日] Jステーション より

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ