新選手会長・會澤「勝った試合でも反省はしなくちゃいけない、それがボクらの仕事」先輩・石原や3連覇への思い【お好みワイド】

[2018年1月 カープ選手インタビュー]

NHK広島 “お好みワイドひろしま” でカープ新選手会長・會澤翼捕手の新春インタビューが放送。選手会長としての意気込みや今季への思いを明かす會澤。

會澤翼新選手会長 新春インタビュー

會澤「1人で何もかもするんじゃなくて、いろんな人と助けてもらって、いろんな話をして良いチームにしていくっていうのがボクは選手会長かなっていう風に思うんですけど」

――セ・リーグ連覇を決めた日の夜。會澤選手は、選手会長への就任前からチームを引っ張る役割を任されていました

會澤「まぁ選手会長がやるのかな?っていう感じだったですし、うん。すんなりやれたというか。しんどいなっていうこともたぶんこれからだとは思うんですけど」

ベストナインにも選ばれた昨季

――會澤選手にとって、昨シーズンは正捕手を目指すうえでステップアップのシーズンになりました。持ち味のバッティングでは、プロ初を含む2回のサヨナラヒットをマーク。最多の106試合に出場しました。さらにレギュラーの証しともいえるベストナインに初めて選ばれました。充実した1年に見えますが、数多くの試合に出た分、自分のプレーを見つめ直す時間が増えました

會澤「勝った試合でも反省はしなくちゃいけないですし、それがボクらの職業っていうか仕事だと思っているので。特にキャッチャーは。まだまだ試合にも出たいっていう気持ちもありますし、まだまだボクもどんどんどんどんアピールをしていかなくちゃいけない立場だと思っているので、そこはもっと向上心を持ってやっていきたいと思いますし」

【次ページへ】 會澤がリード面で手応えをつかんだ試合

関連記事

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

コメントを残す