中田「安定してパフォーマンスを」戸田「がむしゃらに」飯田・辻空と沖縄で自主トレ【N6】

[2018年1月 カープ選手 自主トレ]

RCCテレビ “RCCニュース6” でカープ中田廉・戸田隆矢・飯田哲矢・辻空4投手の自主トレ風景が放送。新しい投球術やナックルカーブに取り組む中田、「がむしゃらに」と戸田。

中田・戸田・飯田・辻空が沖縄で自主トレ

――中田投手が自主トレしているのは、来月中旬からカープが二次キャンプを行う沖縄市のコザしんきんスタジアム。この日の最高気温は19℃と、絶好の野球日和の中、トレーニングを行っていました

――カープの中では今シーズン復活を誓う戸田投手と、投球フォームをサイドスローに変更し1軍定着を狙う飯田投手。さらに去年ファームで防御率2.39と、成長著しい6年目・辻投手と合同でトレーニングをしていました

――“自主トレ期間中にブルペンで1日100球以上投げ込めるように、過去最速で体を仕上げている”と話す中田投手。ただキャッチボール中、体に異変が……

中田「ホンマや、毎日300球ぐらい投げ込み練習してるからそら血も出るわ」

新しい投球術

――ここまで急いで準備をしているのは、新たな投球術を身につけているためです

中田「いかにリリースで100%の力を出せるというか、無駄のないバランスの良いフォームを投げれるように意識して今はやってます」

――少ない力で150km/hを超えるストレートを投げることがテーマの中田投手。課題はすでに見つかっています

中田「ボク左腰が開きやすいので、体が前に正対しないようにいかに下半身を使ってバッターに入っていけるかっていうのを去年のオフからずっとやってます」

――腰の開きを抑え、下半身の力を上半身に伝えやすくすれば、力に頼らず調子のムラをなくせると考えています

中田「ボクは基本的に調子の波が激しいので、それだったらやっぱり使ってもらえないので、信頼も勝ち得ないですし。やっぱ1年間同じパフォーマンスを出せるピッチャーが信頼して使ってもらえると思うので。やっぱ1年間安定してパフォーマンスを出せるようにっていう意味ではやってます」

ナックルカーブ

――さらに昨シーズン2球しか投げなかったナックルカーブに磨きをかけています

中田「速いカーブを投げようかなっていうのは思ってるんですけど、こっから練習していってどうなるかわかんないですけど、1つでも武器は多く増やせるようにやっていきたいなと思ってます」

――広陵高校から入団して今年10年目、頼れる廉さん。今年も中継ぎの柱として期待しています

【次ページへ】 今年初のブルペン入り、戸田隆矢

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ