北別府学の週刊ぺいBACK:西川龍馬、レベルアップ&レギュラー獲得に必要なこと【Jステ】

[2018年1月 カープ関連 テレビ放送]

広島ホームテレビ “HOME Jステーション” で毎週月曜日恒例、北別府学の週刊ぺいBACKが放送。西川龍馬選手のインタビューと、ぺいさんの分析。

レギュラー狙う3年目!!西川龍馬 飛躍への挑戦

――印象いかがですか?

ぺいさん「社会人から入ってきましたから、そういった意味ではプロの世界に力負けしてるってことはないと思うんですね。ヘッドスピードも速いですしミートも良いですし、そしてやはり野球のセンスが良いという感じがしますね」

西川、足りない&レベルアップしたいこと

西川「ま、数字やったら打率ですかね。3割はきっちり打てる選手になりたいなと思ってるんで」

――そうなるためにどういったことのレベルアップが必要?

西川「選球眼とかじゃないですかね。去年もそうすけど、ボール球に手出すことが多かったんで。なんとかこう、減っていけば率もちょっとは良くなるかな?とは思います」

ぺいさん「今年で3年目ですからね、実際1軍で試合に出たのは昨年が多かったと思うんですけども、やはり代打で出るケースが多かったですよね。ですからやはり早いカウントで勝負していきますんで、中々思うようなバッティングできなかったと思うんですけども、スタメンで出るようなことになっていけばですね、やはり足も速いですし、レフト方向への打球もうまく打てますんでね。そうした内野安打とかそういうものが増えてくれば、私は3割も打てるようになると思うし、選球眼ももっと良くなると思いますね」

サード争い、レギュラー獲得に必要なこと

西川「安定感。安定感ですかね。これはもうバッティングだけじゃなくて走る方も守る方も。安定感が1番大事かなっていうのは思うんで」

西川「やっぱり首脳陣に『あっ、使える!』っていう風に思ってもらえたら、出場機会も増えると思うんで。しっかりキャンプでそういうところを見せれたらなっていうのは思ってます」

――安定感という言葉についてはどうですか

ぺいさん「守備もあれば走塁、そしてバッティング、いろいろあると思うんですけど、最も安定しなきゃいけないのはバッティングだと思うんですね。同じポジションを守る安部選手がね、やっぱり同じ左バッターですから。レギュラーを獲るためにはまずバッティングで安部選手を抜くことじゃないかなと思いますけどね」

広島ホームテレビ [22日] Jステーション より

関連記事

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

コメントを残す