キャンプ初日、緒方監督の談話「目指す野球の質をさらに上げていきたい」キーマンは“全員”

[2018年2月 カープ日南春季キャンプ]

J SPORTS 1 “野球好き広島キャンプin日南” で第1クール初日の模様が放送。歓迎セレモニーを終えた緒方監督のインタビュー。

キャンプ初日、緒方監督の談話

――キャンプインを迎え、どんな気持ち

緒方監督「ホントに選手がしっかりとね、このキャンプに備えて準備してるかどうかっていうところで、表情とかを見さしてもらった中で、スゴい良い表情でみんな揃ってるんで安心しました」

――歓迎セレモニーでは園児からの可愛いメッセージが

緒方監督「そうですね、ちょっとうるっときました」

――笑みもこぼれていましたが

緒方監督「毎年ですけど、園児たちがああやってカープの歌を合唱してくれたり、歓迎の言葉を述べる時のね、ああいう時ってホント感動するんでね。ありがたいことです」

キャンプのテーマ

緒方監督「もちろんシーズンに備えてしっかり1日1日と練習を積み重ねていく、と。そういったところをホントに基本に立ち返って、基本をおろそかにせず、そういったところをしっかり選手にはやってもらいたいと。こちらもそういう風な目でしっかりと見ていきたいという風に思ってます」

――坂倉選手や高橋昂也投手など若い選手が入ってますが、若い選手にはどういう期待を

緒方監督「もちろん今シーズン戦う上でね、新しい力っていうのは大きな課題になるという風に思ってるんで。もちろん3連覇に向けて、日本一に向けてまずは投手陣が1番大きなカギになると思ってます。昨年活躍してくれた若い選手がさらに今シーズンどういう成長を見せてくれるかというところ。そしてその中からまた1人でも2人でもまた新しい戦力が出てくること、これはもう投手陣に限らず野手にしてもそうですけど」

今シーズンのカープの野球

緒方監督「もう今年も変わりなくやります。投手を中心とした守り勝つ野球というのを選手も年々わかってきてるという風に思ってますし、さらに昨年よりも今年。目指す野球の質をさらに上げていきたいという風に思ってます」

キーマン

緒方監督「全員です。全員がホントに最後終わる時に『良いシーズンだったな』と言うぐらい成績を残してほしいと思います」

――レギュラー争いが熾烈な中、選手にどういった時間を過ごしてほしいですか

緒方監督「やはり自分のやることっていうのはね、だいたいの選手がわかってると思うんですけど、やはりその中で1番大事にしてほしいのはチームプレー。特に実戦を想定した中でのチームプレーというのは特に、全員が集中してやってほしいと。それが我々の目指す守り勝つ野球というところにつながっていくという風に思ってるんで」

――最後に3連覇へ意気込み

緒方監督「もうファンの思いも同じだと思います、我々も一緒です。リーグ優勝そして2年連続悔しい思いで終わってしまったんで、日本一を勝ち取るシーズンにしたいと思っています」

J SPORTS 1 [1日] 野球好き広島キャンプin日南 より

関連記事

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

コメントを残す