初日は13投手がブルペン入り、中村祐「球数しっかり投げて調整していけたら」塹江「1番アピールしなきゃいけない立場」【Jステ】

[2018年2月 カープ春季キャンプ]

広島ホームテレビ “Jステーション” で日南春季キャンプ初日の模様が放送。投手陣は13人がブルペン入り。

キャンプ初日、投手陣は13人がブルペン入り

――投手陣は若手を中心に13人がブルペン入り。去年1軍デビューを果たし5勝を挙げた中村祐太、同じく昨シーズン(一昨年)1軍マウンドを経験した4年目の塹江。およそ2週間という短い期間で行われる1軍サバイバルレース生き残りへ、初日から熱のこもったピッチングを見せていました

中村祐「102球ですね。去年ちょっと球数投げれなくて失敗してるんで、今年はもう球数しっかり投げて調整していけたらなと思って、この球数になりました」

塹江「自分は1番アピールしなきゃいけない立場だと思ってますし、そのためにしっかり準備もしてきたので。自分を変えることなくしっかりアピールできるように頑張っていきたいと思います」

――さらにこちらも期待のサウスポー高橋昂也。去年ファーム日本選手権で優勝投手となった高卒2年目は、手薄な左投手陣の新戦力となるべくアピールあるのみです

高橋昂「緊張感がある中でこれからやってくので、しっかりとその雰囲気に慣れてくるようにやっていきたいと思います」

広島ホームテレビ [1日] Jステーション より

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ