【鯉一動画】堂林「結果でなんとか応えて首脳陣の目にとまるように」次回は子どもに余計なことを吹き込む鈴木誠也へ

[2018年2月 カープ日南春季キャンプ]

J SPORTS 1 “野球好き広島キャンプin日南” で恒例のカープ選手インタビュー企画『鯉一』が放送。第3回は田中広輔選手からバトンを受けた堂林翔太選手。

2018 鯉一リレーインタビュー 第3回、堂林翔太

田中「仲良いですし、ボクはずいぶんなめられてるんですけど、スゴい可愛い後輩ですし、彼も頑張ってるのボクは見てるんで。なんとか頑張ってもらいたいなっていう思いがあるので。まずトークの方からね、ボクは苦手なんですけど😊彼はたぶんしゃべってくれると思うので」

――なめられてると感じる時は

田中「いやもう常日頃から、スゴい友だち感覚で絡んでくれるので。ボクはそっちの方がありがたいので」

堂林「敬ってますよ😊」

――どんな風にですか

堂林「え……どんな風に?」

――朝、最初のあいさつは

堂林「ちゃんとおはようございますって」

――何て呼ぶんですか

堂林「広輔さんて呼びます」

――ちょっと話が違いますね

堂林「流れじゃないですか?会話の流れでちょっと、なめてると思ってるかもしれないですね」

――中京大中京出身の選手はそういうところが

堂林「そうっすね、ボクの後輩もなめてますからね」

――田中広輔選手「頑張っているところは見ている」と

堂林「そうですね、なんとか。ボクも質問することが多いんで、なんとか結果で一緒のフィールドの中で一緒に戦いたいですね」

――どういうこと質問したり

堂林「バッティングのことももちろんですけど、考え方とかいろいろ質問しますね」

――並々ならぬ覚悟をキャンプの表情から感じるんですけども、どういう覚悟を持ってキャンプに入られましたか

堂林「もう9年目ですし、もうそろそろ答えも出していかないといけないと思ってますし、結果でなんとか応えて首脳陣の目にとまるように、やっていければなと思いますね」

――出していかないといけない結果、どういうところになってきますか

堂林「やれるんじゃないかっていうところをやっぱ常日頃見せていかなくては使ってもらえないと思うので、そういうとこはしっかり練習から意識して、やっていきたいと思います」

――特にキャンプで重点に置いているところは

堂林「やっぱり打つことですね。打ってアピールしなくては試合には出れないので、今のメンバーじゃ。なんとか入っていけるようにしていきたいと思います。ボクはもうけっこう新井さんの方にバッティングは聞くことが多いので、そう言われてることを継続してやれればと思ってますね。あんだけ気にしてもらってるので、なんとか結果で喜びたいっすね」

【次ページへ】 ファンからの質問コーナー

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ