【鯉一動画】誠也の中指の件は言えない野間「個人的には1試合でも多く出場」次回はセンスの塊・西川龍馬へ

[2018年2月 カープ日南春季キャンプ]

J SPORTS 1 “野球好き広島キャンプin日南” で恒例のカープ選手インタビュー企画『鯉一』が放送。第5回は鈴木誠也選手からバトンを受けた野間峻祥選手。

2018 鯉一リレーインタビュー 第5回、野間峻祥

誠也「ボクはけっこう普段の生活でもちょっかい出すんですけど、そん時は反応してこないくせになんか球場でちょっかい出すとやたら反応してくるんですよ。で、なんでかな~と思って見てると、ファンのことをこう見ながらやってるんですよね😊やっぱそういうとこさすがだな~と」

誠也「中指、ボクの中指です。中指の匂いを嗅いで運気を上げてもらいたい」

――それ運気上がるんですか?

誠也「上がるんです😊それは野間さんに聞いてください」

野間「これはちょっと放送できんな~(笑) これちょっと厳しいっすね、なんなんこいつマジで」

――ご覧になっていかがですか

野間「そうすね~、ほとんどもうウソですこれは。もう全部ウソっす、ボクは毎日、どこで会ってもあいつがちょっかいかけてきても全力で10割返してるつもりです」

――中指の件は

野間「中指の件はちょっと危ないっすね、ここで言うのは。もうバカすぎて、もうみんな被害受けてます」

ここまでのキャンプ

野間「体も振る方だったり走る方だったり投げる方に関しても、しっかり動けていると思いますし、そろそろ実戦も入ってくると思うんで。しっかりやっていけたらいいなと思います」

オフのフォーム改造

野間「タイミングはまだまだ課題はあるんですけど、去年よりはいいかなと思います」

シーズンの目標

野間「個人的にはやっぱり1試合でも多く試合に出て出場することもありますし、チーム的には日本一を目指して頑張っていけたらいいなと思います」

【次ページへ】 ファンからの質問コーナー

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ