【鯉一動画】花巻東の先輩・菊池雄星との交流は?高橋樹也「いろいろアドバイスもらった」次回はアイドル好きの塹江敦哉へ

[2018年2月 カープ日南春季キャンプ]

J SPORTS 1 “野球好き広島キャンプin日南” で恒例のカープ選手インタビュー企画『鯉一』が放送。第9回は高橋昂也投手からバトンを受けた高橋樹也投手。

2018 鯉一リレーインタビュー 第9回、高橋樹也

高橋昂「同じゲーム ハマってるんで。いろいろ一緒にします。2人でいる時とかはけっこう暴れてますね。スゴいはしゃいで、うわぁ~って感じで暴れてます」

高橋昂「いつもよくしてもらってありがとうございます。またいろんなところ連れて行ってください、よろしくお願いします」

高橋樹「いやいやいや(笑)」

――一緒に暴れてる、どんな感じで?3, 2, 1 はい

高橋樹「どんな感じで……?ちょっと待って、ちょっと待ってください、急に、ね」

――新井さんの無茶ぶりで慣れてるかなと

高橋樹「あんまり慣れてないっすね😊」

――どういう感じなんですか?

高橋樹「はしゃいでるっていうか、なんだろ、ゲームしてただ笑ったり。そんな感じです、ふつうに😊」

――暴れては?

高橋樹「暴れてはないですね」

――ゲームは一緒によくされる

高橋樹「ゲームは一緒にします」

――どんなことを話す

高橋樹「野球のこと話したり、日常的なことも話したりします」

――日常的なこと、例えば

高橋樹「昂也はアイドルとか好きなので、どうなの?みたいなの聞いたり」

――高橋樹也投手はアイドルは?

高橋樹「自分はあんまりですけど、ちょっと影響されて見てた時もあったので。そういう話とかもしたりします」

ここまでのキャンプ

高橋樹「実戦も入ってきて、投げさせてもらってるので、アピールしていく立場だと思いますし、自分は初めて1軍キャンプだったので、お客さんだったり雰囲気だったり、いろいろ違う部分もあるので、頑張っていきたいです」

紅白戦登板

高橋樹「1イニング目は良かったんですけど、2イニング目から球速も落ちてると思いますし、カウントも悪くして。細かいコントロールもまだできていないので、それをもっとブルペンで課題として投げていきたいなと思います」

左腕不足

高橋樹「毎年チャンスはあると言われてきているので、去年は10試合でいろいろ経験させてもらったので、この経験を活かしてこれから1軍に残って、初勝利して3連覇と日本一に加われるように頑張りたいと思います」

【次ページへ】 ファンからの質問コーナー

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ