カープのエースを目指す薮田「誰が見ても『1番良いのが薮田だ』って言われるような投球を」新球シュート&フォークにも取り組む【テレビ派】

[2018年2月 カープ選手インタビュー]

広島テレビ “テレビ派” でカープ薮田和樹投手のインタビューが放送。新球の習得、奥さんとのコミュニケーション、エース&開幕投手への決意を明かす薮田。

カープのエースを目指す薮田和樹インタビュー

キャンプのテーマ

薮田「1番は去年掴みとれなかった先発ローテーションっていうのをしっかり掴む、っていうのが1番のテーマです」

――去年の活躍から考えると、先発ローテは当然なのではと思ってしまうところも。ご自身は違う?

薮田「そうですね、開幕から1年間っていうのはまだ回ったことがないですし、1年間1軍でプレーできたのも去年が初めてだったので、まだまだそんな余裕はなくて。年代の近い投手もいっぱいいますし、危機感を持ってまずはしっかり掴めるかどうかっていうところを、大事にやってます」

去年と今年の立ち位置の違い

薮田「メンバー分けとかでも1軍にいる選手と同じグループでメニューをこなしていくので、その辺はちょっと変わってきたかなっていう実感は感じます」

――以前「勝負の年になる」と

薮田「やっと1年間プレーができて、それがたまたまじゃないっていうことを証明する年が今年だと思うので。1年良くてダメな選手ってのもいっぱいいたと思いますし、2年3年続けてこそ1軍の選手だと思うので、まずはそうなりたいです」

新球種シュート&フォーク

薮田「フォークっていうのを自分ももともと投げてた球種で、今まではツーシームが落ちるようになったり安定していたので、あんまり使う時がなかったんですけど。その中でもやっぱりツーシームの調子が悪い日に何か落ちるボール、ってなった時に、普段やっぱり投げてないとキャッチャーも出しづらいと思いますし、自分自身も思い切ってその球種を選べないので。キャンプからもう1度フォークっていうのを取り組んでます」

薮田「シュートに関しては右バッターにもっとイヤがられるボールっていうのを覚えたいなと思って、取り組んでます」

【次ページへ】 コメント力が向上?

関連記事

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

コメントを残す