目標はゴールデン・グラブ賞、田中広輔「40盗塁は可能な数字」「三振を減らしたい」【N6】

[2018年2月 カープ選手インタビュー]

RCCテレビ “RCCニュース6” でカープ田中広輔選手のインタビューが放送。守備力向上、三振数減、40盗塁など決意を明かす田中広輔。

守備力向上でゴールデン・グラブ賞を、田中広輔

――このキャンプ、守備力アップに燃える田中広輔。毎朝のように壁当てを繰り返すなど、基本動作すらも怠ることなく体に染みこませています

――昨シーズン、最高出塁率・盗塁王の2冠に輝いた不動のリードオフマン。今度目標に掲げたのはズバリ、ゴールデン・グラブ賞です

田中「プロ入る前からの目標でもありますし、やっぱりセンターライン同級生で3人獲れたら、またチームにとってもプラスなことでもあるので。そういった意味では思いは強いです」

逆シングル

――特に意識するのは逆シングル。昨シーズン16個あったエラーを減らすには、あえて攻めの守備が必要だと考えています

田中「逆シングルでいくことが増えれば、余裕も生まれますし守備の幅ももう1ランク上の段階にステップアップできるので」

盗塁王

――走塁面もまだまだ現状に満足していません。去年まで指導を仰いだ河田コーチの教えを守りつつ、スタート時の反応をコンマ1秒の世界で追い求めるなど、自分に必要なものを日々磨いています

田中「やっぱり35した中で、失敗もまだありましたし、その中でもったいない失敗もあったので。そういうのがなくなれば、40っていう数字は可能な数字ではないかな、と思ったので」

【次ページへ】 三振数を減らす

関連記事

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

コメントを残す