目標はゴールデン・グラブ賞、田中広輔「40盗塁は可能な数字」「三振を減らしたい」【N6】

三振数を減らす

――12球団 No.1 の出塁回数を誇る男が突き詰める数字、それは打撃成績とも連動しているといいます

田中「去年我慢して続けたことがやっぱ結果が出たので、そこがベースなんですけど。1番直さなきゃいけないというか、意識しないといけないのは三振数がまだ3桁あるので。それが30~40違ったら、もしかしたら3割いってたかもしれないので」

――三振が30減ったと仮定してはじき出される打率は .306 。クリアするのは簡単ではありませんが、決して非現実的な目標ではありません

田中「ヒットを増やしたいではなくて、三振を減らしたいですかね。三振を減らせばバットに当たるので、そうなればアウトかヒットのどちらかなので」

今シーズンの目標

田中「今年もね、1年間試合に出続けて、しっかりと1番の仕事をできるように。そこを1番意識しながらはやりたいな、とは思ってます。(3連覇)皆さんも期待してますし、球団からしても初のことなので、そういう高いモチベーションの中でプレーはしたいなと思ってます」

RCCテレビ [13日] RCCニュース6 より

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ