緒方監督×笘篠さん対談『野手陣』坂倉を代打で使う捕手3人制案、中村奨成、打順・4番、コーチの変更

[2018年2月 カープ日南春季キャンプ]

J SPORTS 1 “野球好き広島キャンプin日南” でカープ緒方孝市監督と笘篠賢治さんの対談が放送。野手陣をテーマに緒方監督が今季の展望を明かしています。

緒方孝市監督×笘篠賢治さん対談『野手陣』

キャッチャー

笘篠さん「會澤が今年も中心になるであろうと思うんですけど、キャッチャー枠は3人制?2人制?」

緒方監督「ホントは2人でいきたいんですよ、ただベテランの石原もなかなか1試合通して、それも何試合連続でってのは体力的にも難しいところにも入ってきてますし。かと言って會澤1人きりに頼るのもちょっとアレなんで。今年もたぶん3人にはなると思います」

緒方監督「ただ今までは3番目っていう枠でキャッチャーを、3番目のキャッチャーでって置いてたところを、少しイメージを変えて、キャッチャーじゃなくて打者の部分で。たぶん名前を言ってもらいたいんでしょうけど、別に大丈夫ですけど坂倉をね、3番目の捕手っていう位置じゃなくて、左の代打。1番手2番手とか、もしくは先発もある、そういった意味での3番目のポジションに食い込んできてくれないかなと、逆に食い込んでくるんじゃないかなという期待は持ってます」

笘篠さん「ドラフト1位の中村奨成、いかがですか」

緒方監督「2軍の監督そして守備コーチの報告を聞いても、やはり身体能力の高さっていうのは1番にまず入ってくるところで、足の速さ・肩の強さ。やはり守備練習しててもそういうフィールディングにしても、高校生ではないというレベルの話は聞いてます。バッティングの方もスゴいバットの出が良いっていう、前のフォローも大きいから打球も飛んでいく・力強い打球を飛ばせるっていう風な形で、話を聞いてたら良い素材の楽しみな子が入ってきたな、という風に思います」

緒方監督「ただこればっかりはね、ポジション的にキャッチャーっていうところはしっかりたくさん覚えることが。ただキャッチング1つにしても、サインプレーにしても、今 守りの要って言ってたでしょ、キャッチャーのところ。やっぱりホントにたくさん覚えることがあるんでね、体力面含めた中でしっかりと体を作る、そして守りでいろんなことを勉強しながら、まずは経験していかせようという風に思ってます」

【次ページへ】 鈴木誠也の離脱

関連記事

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

コメントを残す