北別府学の週刊ぺいBACK:ぺいさんが高橋昂也の課題、坂倉の1軍生き残りポイントを分析【Jステ】

[2018年2月 カープ関連 テレビ放送]

広島ホームテレビ “HOME Jステーション” で毎週月曜日恒例、北別府学の週刊ぺいBACKが放送。ぺいさんがキャンプ前、注目ポイントとして挙げていた2点に切り込む。

ぺいさんが高橋昂也&坂倉将吾を分析

――ここまでチーム状況、どのようにご覧になっていますか

ぺいさん「やはり若手投手の競争が激しいですね」

高橋昂也

高橋昂「沖縄に来て、けっこう暖かいところでできるので、もう1度体を作ってやっていきたいなっていうのはあります。今はピッチング全体的に変化球の精度っていうのを高めるようにやってます」

高橋昂「真っ直ぐで押してって、変化球でも空振りがとれるっていうのがやっぱアピールなんで、そこをアピールしていきたいなと思います。まずはやっぱり結果を残して、それからやっぱ内容でしっかりと良いものを見せられればいいかなと思います」

高橋昂也の課題

ぺいさん「紅白戦とか交流試合を見てると、変化球がちょっと高い。ストレートも高いボールあるんですけども。ですからリリースポイントが一定しないっていうのはありますね」

――一定させるためには

高橋昂「しっかりと変化球は長く持たなきゃいけませんし、ストレートは変化球よりは早いですけども、その辺りでしょうね。それとやはり若手の悩みっていうのはストライクが先行するか、その辺りでしょうけども、悪い時は悪いなりにゲームが作れるかどうかが課題でしょうね」

坂倉将吾

坂倉「スゴく充実して送れてるかなと思います。逆らわずに打つということと、飛距離もちょっと気にしながら、打球の質であったり強さであったり、そういうのもちょっと見ながらというか」

坂倉「ただ打つんではなく、いろいろ考えながらやりながら、強く振るっていうのを前提にやっていきたいなと思います。良い形でヒットは出てますけどまだまだだと思うので、これからどんどんもっともっとアピールしていきたいなと思います」

坂倉将吾、生き残りのポイント

ぺいさん「まずバッティングだと思うんですね。1軍の捕手枠は3つしかありませんから。その中で石原・會澤は当確でしょうけども、ただ2人とも右打ちなんですよね。ですから坂倉が入ってくると左に立てるというのがありますんで、そういう意味では磯村との競争になってくると思うんですけども。マスクをかぶるにしてもやはりバッティングが特徴がないと、なかなか1軍枠に入るのは難しいと思いますね」

広島ホームテレビ [19日] Jステーション より

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ