昨年の対戦防御率4.51、DeNA 対策は?會澤「ポイントとなるバッターの前にいかにランナーを出さないか」【フロントドア】

[2018年3月 カープ選手インタビュー]

広島ホームテレビ “フロントドア” でカープ會澤翼選手会長のインタビューが放送。昨年の対戦防御率が4.51と、分の悪かった DeNA 対策とは。

會澤、対戦防御率が悪い DeNA 対策について

――4.51、この数字おわかりになりますか

會澤「4.51?ちょっとわからんなぁ」

2017年、カープ×DeNA 対戦防御率 4.51

會澤「よう打たれましたし、もっともっと勉強・研究していかなくちゃいけないなって思ってますし、やっぱりやられっぱなしっていうのも悔しいですから。そこは第1に考えてるところでもありますよね」

――やはり DeNA は手強い?

會澤「手強いです。バッターもいいですし、ピッチャー陣もいいので」

今シーズンの DeNA 対策

會澤「まぁここではなかなか言えないですけど、ポイントとなるバッターの前にいかにランナーを出さないか、っていうのは大事になってくるんじゃないのかなと思いますけどね」

會澤「どうしてもね、やっぱり打ち合いになるっていうイメージがあるので。そこら辺が全部ではないですけど、1つのポイントになるのかなっていう風に思いますけどね」

広島ホームテレビ [3日] フロントドア より

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ