骨折した右足首の回復具合は60%、誠也「スライディングに関しては全く問題ない」【スポラバ】

[2018年3月 カープ選手インタビュー]

テレビ新広島 “全力応援スポーツLOVERS” でカープ鈴木誠也選手のインタビューが放送。骨折した右足首の回復具合、動きを語る鈴木誠也。

鈴木誠也、骨折した右足首の回復具合

誠也「やっぱり野球楽しむっていうことを忘れていたっていうのはあったので、ホントに今やってて楽しいですし、いろんな人に感謝しながら今こうやって野球できることに喜びを感じながら、1日1日を過ごして今はやってます」

右足首骨折から半年

誠也「ホントに元に戻るのかな?とか、そういう不安の方が大きい。別にメス入れられることに対しての不安っていうのはそんなにはなかったんですけど。手術直後はやっぱ痛かったし、なかなか寝れないってのは続きましたけど」

守備は別メニューで行ったキャンプ

誠也「あんときは、あんまり良い状態では入ってなかったんで、ただ動くだけでも痛かった感じですけど。今はジャンプして片足で着地する動作、その動作が若干怖いかなっていう。ただやったら普通にできるんですけど、メンタル的にたぶんまだやられてます」

右足の回復具合

誠也「まぁ60ぐらいですね、6割ぐらい。キャンプ入る前までは1割ぐらいでしたね。だからここまで上がったんで、とりあえず良かったかなって。今までは練習の中で意識しながらの動きだったんで、ある程度気をつけながらできましたけど」

誠也「実戦入ってくると予測できない動きであったり、咄嗟の判断とかもあるので。またちょっと痛みも出たりとか最初の方はありましたけど。それもだんだん慣れてきて、今はある程度の動きだったらほとんど問題なくできてるんじゃないかなと思います」

誠也「スライディングに関しては全く問題ないんで。ホントに今1番怖いのはフェンス際のフライ捕ってからの片足着地っていうだけなんで、そこさえ克服できればなんとかなるんじゃないかなと思います」

テレビ新広島 [3日] 全力応援スポーツLOVERS より

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ