北別府学の週刊ぺいBACK:若鯉投手、アドゥワ誠&塹江敦哉&藤井皓哉【Jステ】

[2018年3月 カープ関連 テレビ放送]

広島ホームテレビ “HOME Jステーション” で毎週月曜日恒例、北別府学の週刊ぺいBACKが放送。若鯉、アドゥワ誠・塹江敦哉・藤井皓哉3投手を分析するぺいさん。

オープン戦も激戦必至!若鯉投手争い!

――ここから大事になること、どんなことでしょう

ぺいさん「1軍の切符をもらうためにはとにかく結果を残してかなきゃいけないってことですね」

2年目・アドゥワ誠

ぺいさん「彼の1番の特徴っていうのは、ボールが変化する。ストレートですけど、スライドしてみたりシュート気味にきてみたりという。手を見してもらったんですけど、かなり手も大きいですしね、ボールを握るためには余ってる、そのためか変化してるんだと思いますね」

ぺいさん「それと背も高いですし、そして腕が長いですから、縦に割れるカーブが有効なんですね。将来的にはもっともっと球も速くなると思いますからね、その辺りを今から磨いていって欲しいですよね」

4年目・塹江敦哉&藤井皓哉

塹江敦哉

ぺいさん「塹江投手の特徴っていうのはとにかく 150km/h 近くのスピードボールがあるってことですね。左でなかなか 150 出るピッチャーっていうのはそういませんから。まぁ先発としても期待されてるんですけども、やはり高橋昂也との競争になると思うんですね。中継ぎに食い込むためにもやはり、コントロールを磨いていかなきゃいけないでしょうね」

藤井皓哉

ぺいさん「昨年後半ちょっと出てきたと思うんですども、スピードもキレもあるなとキャンプで見た時に思いましたけども。やはりこの全員に言えることですけども、まずストレート以外で変化球で必ずストライクをとれるボールを自分で身につけるってことでしょうね」

――それがないとなかなか試合の中では投げていけない

ぺいさん「1軍ではなかなか通用しませんからね、ストレートだけというのでは」

――変化球を磨くためにはどのようなことが必要になってきますか

ぺいさん「まぁ練習だと思いますけども、やっぱり真っ直ぐと変化球を交互に投げたりして、その投げ分け・感覚を覚えることだと思いますね」

――実戦・試合の中で試していくと

ぺいさん「そうですね、やはりいろんなボールを試していくことだと思いますし、まだまだやはりみんな若いですから。そういう意味ではね、しっかりと下半身を鍛えてそしてコントロールをつけてっていうことになってくると思いますね」

――この選手たち、今シーズン1軍の舞台というのは

ぺいさん「可能性ありますよね、上の中継ぎがちょっと弱ったりすれば、当然チャンスはあると思いますんで。しっかりと下で準備しておいて欲しいと思いますね」

広島ホームテレビ [5日] Jステーション より

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

コメントを残す