ゴールデン・グラブ賞を目指す田中広輔「どうにか3人(タナキクマル)で獲りたい気持ちは強い」【Eスポ】

[2018年3月 カープ選手インタビュー]

RCCテレビ “Eタウン・SPORTS” でカープ田中広輔選手のインタビューが放送。田中広輔がなんとしても獲りたいゴールデン・グラブ賞への思いを語る。

何がなんでもゴールデン・グラブを、田中広輔

さらに意欲を燃やすショート守備

田中「やっぱりショートを守ってる以上は、華のあるポジションでもありますし、自分がやっていて誇り持ってますんで。その中でセンターラインで菊池と丸がゴールデン・グラブを獲ってるので、どうにか3人で獲りたいなっていう気持ちは強いです」

田中「プロに入る前から獲りたいなってずっと思ってた賞なので、何がなんでも辞めるまでには獲りたいなって気持ちは強いです」

基本のプレーの重要性

田中「どうしてもずっと試合ばっかり出てるので、体が……なんて言うんですかね、楽をしようとするので。そういった意味でもしっかりと意識付けではないですけど、そういった意味でやろうかなとは思ってます」

練習で欠かさない取り組み

田中「やっぱり143試合出るにあたって、やっぱり足が動かなくなる時もあるので。そういった時に無理して回り込んで捕るよりかは、逆シングルで捕った方がスムーズにプレーが進んだので」

田中「気持ちの面でも余裕が出来たので、今まで以上には良い意味でリラックスして守れてるかなっていう感じはあります」

【次ページへ】 玉木コーチのノック

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ