北別府学の週刊ぺいBACK:ぺいさんがカープの外国人枠争いを解説【Jステ】

[2018年3月 カープ関連 テレビ放送]

広島ホームテレビ “HOME Jステーション” で毎週月曜日恒例、北別府学の週刊ぺいBACKが放送。カープの外国人枠争いを解説するぺいさん。

北別府さんがカープ外国人枠争いを解説

――開幕まで2週間を切りました、選手はこの期間どういったことが必要なんでしょうか

ぺいさん「最後の調整に入ってくると思うんですけども、やはりケガをしないことと、そしてこの時期は寒くなったり暖かかったりっていうのがけっこうありますんでね、体調を崩さないことだと思いますね。風邪を引かないことだと思います」

外国人選手枠争い

ジョンソン

ぺいさん「やはり2人ずつになると思いますね。ピッチャーはまずジョンソンはもう確定だと思うんですね」

ジャクソン、カンポス

ぺいさん「もう1人はやはりジャクソンだろうと。過去の実績、スピードで牛耳るところもありますんで、そういった意味ではやはりジャクソンじゃないかなと」

ぺいさん「カンポスも福山でしたかね、3連続三振をとってるんですけども、コースが外れてるんですけども振ってくれてる。これはやはりある程度シーズン入ってくると、ゲームをこなしてくると、相手が振ってくれない場合は四球が出る可能性が出てきますんで。そういう意味ではやはりジャクソンじゃないかなっていう気がしますね」

エルドレッド、メヒア

ぺいさん「やはりエルドレッドは当確であろうと。そしてもう1人ですが、私はメヒアが上がってくるんじゃないかなと。変化球の対応もできますし、まず守備位置で言うと三塁が守れるんですよね」

ぺいさん「バティスタはケガっていうのもありましたし調整遅れもあるんですけども、どうしても守るところがレフト・ファーストになるわけですね。それだとやはり松山が好調なので、外野も使えるファーストも使えるっていうことになると、やはりサードの守れる安部がちょっと出遅れてますから、そういう意味ではメヒアが出てくるんじゃないかなっていう気はしますけどね」

広島ホームテレビ [19日] Jステーション より

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

コメントを残す