カープ攻撃陣のキーマンは坂倉将吾、小宮山さん「スタメンで使ってくれ、もうこれは野球界の希望」【フロントドア】

[2018年3月 カープ関連 テレビ放送]

広島ホームテレビ “フロントドア” にプロ野球解説者・小宮山悟さんが出演。今季のカープ攻撃陣のキーマンに、2年目の坂倉将吾捕手を挙げる小宮山さん。

小宮山悟さんが見るカープ攻撃陣のキーマン・坂倉将吾

小宮山さん「はい、坂倉。もうね、スタメンで使ってくれ。もうこれは野球界の希望です」

小宮山さん「あのバッティングを見たら、育てたい。もう目つぶって育てたい。打てるキャッチャーってなかなか育ちませんから。それで言うと打てるわけですよ、打つ能力は相当高いっていう判断をたぶん全ての評論家がしてると思います」

小宮山さん「2年目の高卒の選手で、こんなスゴいバッティングできるんだっていう驚きなわけですよ。キャンプの時にゲージの後ろでバッティングしてるのを、すぐそこで見さしてもらった。もうね、ほれぼれするぐらいのバットスピード」

小宮山さん「気持ちの良い打球がポーンて飛んでって。ホームランになる打球ってちょっと上に上がるんだけど、ラインドライブの打球でも減速しないでドスンっていってましたから。これがもううわぁ~っていう感じだったので」

小宮山さん「問題はこっち(守備)なんです、これは絶対にキャリアを積まないとダメなんです。だからこそ目をつぶって使ってみてくれっていうのが」

【次ページへ】 坂倉将吾を起用するメリット

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ