【日刊】2014.04.26 打線の好調は本物か?しかしやはり強かったジャイアンツ。巨人 vs カープ 5回戦 G11 – C5 [24試合目]

巨人先発: 大竹、広島先発: 九里で始まった晴天のゲーム。

九里がぴりっとせず、毎回のようにランナーを出し。

対するカープ攻撃陣は6回、5連打で打線が繋がり3点を返す。

その後1軍に上がってきた横山竜士がリリーフするも、追加点を献上、終戦。

 

カープまにあはこう見る

選手に対して責める内容はありません。

堂林のエラーは織り込み済み、巨人はやはり強かった。

阿部が復調気配で打線に隙がなさすぎる。

首位はキープしているので切り替えて、明日の勝利を願うのみ。

(とはいえ、勢いのままに3タテして欲しかったわいなーーーー!)

関連記事

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ