数学者によるカープ投手陣のセイバーメトリクス分析、ジョンソン⇒今年はスゴく期待していい 高橋昂⇒非常にしぶといピッチャー 【みんテレ】

[2018年3月 カープ関連 テレビ放送]

TSS テレビ新広島 “TSSみんなのテレビ②” でセイバーメトリクスによるカープの分析が放送。広島工業大学工学部の数学者・谷口哲至准教授によるカープ投手陣の分析。

数学者によるカープ投手陣のセイバーメトリクス分析

薮田和樹

谷口准教授「数字で見ると四球が非常に多いんですね、ただちょっとこんなに多い選手ではないと思うので、シーズンに入ってくると去年通りの成績を残してくれるんじゃないかなと。K% っていう指標があるんですけど、これは打者に対して何個三振取ったかって割合です」

谷口准教授「これは薮田投手がだいたい3割ぐらい、3人に1人は三振してるぐらいという計算になるんですけど、これはけっこうな、1イニングに1人三振が取れるんで、かなりの奪三振力だと思っていいです。ちょっと被安打率が高くて、防御率が悪くなってチームに迷惑掛けたっていう本人の思いもあるかもしれないんで、やっぱ四球を減らすことだと思います」

ジョンソン

谷口准教授「ジョンソン投手は眠ってましたね、去年。ちょっとやっと本気になってくれたかなと。被安打率が2割4分、それから K% も3割3分、本人そんな三振取るタイプじゃないかもしれないんですけど、状態が非常に良いのでたぶん取れてると思うんです。今年はスゴく期待していいんじゃないかなと。数字からもう出てますね、彼の場合。図抜けてます、投手陣の中で」

高橋昂也

谷口准教授「彼の特徴ってやっぱ打たれないですね、被安打率が2割。三振は K% なら2割4分ぐらいなんですけど、非常にしぶといピッチャー。粘り強い」

カンポス

谷口准教授「彼の K% 5割超えてるんですよね、5割超えるって2人に1人は三振してる。ストレートの伸びが良いんですね、見てて。ストレートで空振り取れるのが大きいなと思います。被安打率はちょっとあるんですけど、そこは慣れていけば、他球団からしたらかなり脅威なピッチャーになるかもしれない、かもしれない。慣れて欲しいですね、日本の球に」

テレビ新広島 [30日] TSSみんなのテレビ② より

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ