堂林、走塁の意識&打撃コーチから受けている指導「気持ちの面で攻める姿勢は常に、とはいつも言われてます」【それ聴け!Veryカープ!】

[2018年4月 カープ選手インタビュー]

RCCラジオ “それ聴け!Veryカープ!” でカープ堂林翔太選手のインタビューが放送。走塁への意識、打撃コーチからの指導などを明かす堂林。

堂林翔太、走塁の意識&打撃コーチから受けている指導

――オープン戦からスゴく走ってて、実は足が速いと聞いていたんですが、意識の芽生えというか、最近心境の変化があったんですか?

堂林「いや、たまたまっす。なんて言うんですか、それが目につくだけで。基本ずっと盗塁への意識っていうのはスゴくあったので、今はそれが上手くいってると言いますか、それだけだと思いますけど」

――昔ファームで10~20個走った年ありましたもんね

堂林「10~そうですね、ありましたね。特別足は速くないので、スタートとかスライディングとか、そういったところで補えていければ成功の確率も増えていくかなと思ってます」

――研究・参考にしているものはあったりしますか

堂林「特に試合ではピッチャーのクセとか、何もなかったらもう正直厳しいのでアレですけど、ちょっとでも緩んだ時は行けるようには意識はしてますけどね」

――ホームランのイメージが強いですが、そういったところの強みも感じている部分もあるのでしょうか

堂林「そうですね、走れないよりは走れた方がいいですし、打てるっていうのは打って3割なんで、そういったことを考えたら違うところでもアピールというか、見せれれば自ずとチャンスも増えてくるかなとは思います」

――打つ方はキャンプからかなり迎さんとか東出さんからアドバイスもらって、外の球のアプローチですかね?アドバイス的には

堂林「外と言いますか、なんて言うんだろ、基本打ちにいく姿勢というか、ホント技術って言ったら技術なんですけど、そういう大まかなことは常日頃言われてますね」

――打ちにいく姿勢は基本的にアグレッシブなイメージがあるんですが、その中でやはり意識していることがあるんですか

堂林「基本、見て見てって受け身になることが多いので、ボクは。そういった気持ちの面で攻める姿勢は常に、とはいつも言われてます」

――難しいですね、攻めていきながら突っ込んではいけない

堂林「そうですね、そこが1番難しいとこなんで」

――今年はどんな年にしたいですか

堂林「とにかく1年間通して1軍の方にいれるように、戦力になってチームの優勝に貢献できればと思ってます」

RCCラジオ [2日] それ聴け!Veryカープ! より

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

1件のコメント


  1. 堂林選手、頑張って下さい!
    ず~っと応援👊😄📢しています😃