2軍行きへの危機感がある磯村「9回0で抑えること、それが最高の仕事」ベンチではバッター心理などをメモ【フロントドア】

[2018年4月 カープ選手インタビュー]

広島ホームテレビ “フロントドア” でカープ磯村嘉孝捕手のインタビューが放送。最も意識するのは『試合を作る』ことだと磯村。

磯村が意識することは『試合を作る』

磯村「キャッチャーとしては最低限の試合は作れてるかな、っていうのはありますね。チャンスもらえてるんで、これを逃さないようにっていう気持ちは強いですけど」

危機感

磯村「やっぱりね、ちょっとゲームを作れなかったりとか、ミスしてしまったりとか、やっぱもう2軍に行くんじゃにかっていう、そういう危機感は感じてますね」

磯村「最後ソフトバンク戦ですかね、こっちで大地さんと組んでゲームを最低限作れたので、たぶん1軍に入れたと思うんですけど、それがあるからこそ今はホントにゲームを作ろうっていうのだけは考えてます。それが出来なくなったらチャンスも少なくなってくると思いますし」

【次ページへ】 取り組んだ守備力向上

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ