水本2軍監督の若鯉評、堂林・下水流・バティスタ・加藤拓也・中村奨成・坂倉【Eタウン・SPORTS】

[2018年4月 カープ監督インタビュー]

RCCテレビ “Eタウン・SPORTS” でカープ水本勝己2軍監督のインタビューが放送。1軍で活躍する堂林・下水流や、2軍のバティスタ・加藤、中村奨成と坂倉の起用法について。

水本勝己2軍監督の若鯉評、堂林・下水流・バティスタ・加藤拓也・中村奨成・坂倉

堂林翔太&下水流昂

――ファームから上がって来た堂林・下水流選手が活躍されていますが

水本監督「嬉しい限りですね、やっぱそれを目的にファームの選手はやってますんで、その中でそういう風に結果が出るっていうことはスゴい良いことなんで。それも今 残ってる選手たちの励みになりますし、スゴく良いことだと思います」

――常々“1軍に供給するのが1番の目的だ”とおっしゃってますが、2選手はどんな良い所が出ていますか

水本監督「今やっぱりがむしゃらに積極的にやってることが1番良いことじゃないですかね。野球に関して結果を考えるんじゃなく、今持ってる自分の力をなんとかして出そうというがむしゃらさがあるんで、それが良い結果に繋がってるかなとは思いますけどね」

バティスタ

水本監督「どうしても外国人枠っていうのがありますんで、その中でバティスタをなんとかしてこっちで試合に出さして、結果が残るような形をとりたいっていうのが、こっちの今の目標なんで。それでもまだちょっと良いとこと悪いとこがはっきりしているという部分がまだありますんで、そこはなんとかして詰めていきたいですね」

――状態をチェックポイントとして見ていることは

水本監督「結局、自分のスイングがバッターボックスの中でできるかという部分の中で、右ピッチャーは特にそうなんですけど、やっぱまだ自分の中で当たったっていう感覚が強いんで。やっぱりそこで逃げたりするっていう部分の中で、それをなんとかして解決していかなくちゃいけないな、とは思ってますけど」

――気持ちの部分

水本監督「そこも大きいと思いますね、やっぱり入っていけないって部分の中で、それがだんだんだんだんクセになってもらうのが1番怖いんで、こっち側は。その中で話し合いながら練習の取り組み、いろんな方法をやりながら、去年の良い状態に戻すようになんとかしてこっちも頑張ってますけど」

【次ページへ】 加藤拓也

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

コメントを残す