プロ初完投目前で降板、中村祐太「力の無さを痛感して、次チャンスが来た時は絶対にしてやろうって」【元気丸】

[2018年4月 カープ選手インタビュー]

広島テレビ “進め!スポーツ元気丸” でカープ中村祐太投手と前監督・野村謙二郎さんの対談が放送。DeNA戦でプロ初完投を目前にして交代を告げられた中村祐太、当時の真相とは。

プロ初完投目前で降板、中村祐太 涙の真相

野村さん「やっぱりベンチの監督さんとかコーチの人たちっていうのは、やっぱり疲れてきてるから、やっぱり良い所で終わらせてあげたいっていうのもある」

野村さん「で、もう1つは良い感じでこのゲームを終わりたい。チームが良い形で次のゲームに臨めるかっていうことも考えてるから」

野村さん「下半身へばってたとかいろんなことがあった、とは感じなかった?」

中村祐「そうですね、疲労感はなかったんですけど、ちょっと勝ち急いじゃったかなっていう。その気持ちの部分でのコントロールが、しきれてなかったかなって後から思いました」

野村さん「試合が終わって、バスで帰るじゃない。1人でユニフォームで部屋に戻るじゃない。その時は戻ってた?自分に」

中村祐「もちろん悔しさはスゴいこみ上げてきたんですけど、自分の力の無さっていうのを痛感して、次またチャンスが来た時は絶対にしてやろうっていう前向きに、捉えるようにできました」

広島テレビ [29日] 進め!スポーツ元気丸 より

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ