球団歴代3位ホールドの今村「勝ってる試合は全部投げたい」決め球フォークは投げながら演技【Eスポ】

[2018年5月 カープ選手インタビュー]

RCCテレビ “Eタウン・SPORTS” でカープ今村猛投手のインタビューが放送。中継ぎとしてのやりがいや、決め球フォークボールの技を語る今村。

カープ歴代3位“ホールド”今村猛投手の火消し術

中継ぎとして大事にしていること

今村「先発の勝ちを消さないようにっていうのをまず考えて、9回まであるので、その後ろのピッチャーに対して、どれだけ楽をさせてあげれるかっていうのはチーム的にも大きいと思うので、できるだけ無失点で次のピッチャーに繋ぐっていうのは意識してやってます」

中継ぎのやりがい

今村「先発が作ってくれた試合だったり、打者の人が打ってくれた点がたくさん入って勝ってる試合だったり、それをどうにか繋ぐっていう役目はスゴい大事だと思うので。そこに対してのやりがいを感じてますね」

決め球フォークボールの投げ分け

今村「もちろん全部三振取れるようなフォークを投げたいなと思いますけど、 その日の調子であったり環境だったりってあると思うので」

今村「フォークというよりチェンジアップみたいな感じの球を投げてみたりとか、真ん中付近に集まらないように四隅に集めたりとかっていうのをしたいなって理想はあるんで」

今村「それに練習の時からそこを投げて練習して、試合で使えるように。それを日に日に試していってる感じなので、もっと磨いていかないといけないなっていうのは思ってます」

フォークを見破らせない技

今村「ストレートの軌道に対して、ちょっと落ちるボールぐらいのイメージで投げてたらボクは投げれるようになったので。そこがボクは大事かなと思います」

ストレートとの腕の振りの違い

今村「投げててバレてはいけないので、投げながら演技をするというか、しっかり腕を振ってストレートに見せるっていうのは大事なことだとは思ってます」

今シーズンの誓い

今村「勝ってる試合はもちろん、全部投げたいなっていうのもありますし、同点・1点差2点差で負けてる難しい試合でも投げたいなっていう気持ちはあるので。少しでも1勝でも多くチームができるように、自分が少しでも力になれればなと思うので、毎試合投げたいなっていう気持ちは変わらないです」

RCCテレビ [5日] Eタウン・SPORTS より

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ