プロ初登板を果たした長井良太「(先に1軍デビューした同期に)1歩でも早く追いつこうとずっと練習とか試合をしてました」【MONDAY CARP STUDIO M】

[2018年5月 カープ選手インタビュー]

FM広島 “MONDAY CARP STUDIO M” でカープ長井良太投手のインタビューが放送。プロ初登板の際の気持ちと、先に1軍出場を果たした同期入団の坂倉&アドゥワに関して。

長井良太、プロ初登板と同期の話

長井「(プロ初登板)多少の緊張はあったんですけど、やっぱりオープン戦で悔しい思いをしてるので、とりあえずその悔しい思いを晴らしてやろうっていう、やってやろうっていう闘争心って言うんですか、それが1番にあったんで。良いコンディションの中で投げれました」

――やはりオープン戦の失点は悔しさが

長井「やっぱりストライクが入らなくて1番点取りやすい場面を自分で作っちゃったんで。今度はそれをなしに自分の持ち味である真っ直ぐをどんどん投げて抑えようっていう気持ちで、自分はマウンドに上がりました」

――同期の坂倉捕手とバッテリー

長井「同期入団で同い年ですし、いずれ上でバッテリーを組んでみたいなとは思ってたんで、それが早い段階で組ましてもらったので。自分の夢というか1つ叶えたかったことが叶ったので、そこはスゴく嬉しかったです」

――アドゥワ投手が同じブルペンにいて声をかけていた

長井「『思いきっていけよ』っていうのは言われました。同い年とはいえ先輩ですから、1軍に早く経験してる2人なんで。自分が1番遅かったので、その面に関しては心強かったです」

――同期の中でも早い&遅いという意識は

長井「やっぱりアドゥワのピッチングはテレビでよく見てたので、複雑ですけど頑張ってほしいという思いと、悔しいなっていう思いがあったので。その面に関してはファームでとりあえずしっかり結果を残して、1歩でも早く追いつこうっていう気持ちでずっと練習とか試合をしてました」

広島FM [14日] MONDAY CARP STUDIO M より

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

コメントを残す