オフに真っ直ぐの質を改善し、シュートで投球の幅が広がった中村恭平「やっぱ真っ直ぐありきだなって」【それ聴け!Veryカープ!】

[2018年5月 カープ選手インタビュー]

RCCラジオ “それ聴け!Veryカープ!” でカープ中村恭平投手のインタビューが放送。オフに真っ直ぐの質を改善、シュートも覚えた中村恭平。

オフに真っ直ぐの質を改善、中村恭平

――ここまでかなりの危機感といいますか例年と違う思いだと思うんですが、なぜそんな風に思うようになったですか

中村恭「背番号も変わって、自分の立場というか、危ういなというか。そういう中でこのまま終わってったらたぶん後悔するなと思って、もう1回自分を見つめ直してやってみようって思って今、こんな感じですかね」

――先発のイメージが強かったりするんで、中継ぎってまず気持ちの持って行き方っていうのは難しくないですか

中村恭「ん~まぁとりあえず自分ができるだけをやるように意識してるんで、先 ・中継ぎっていう差はそんなにないっすかね」

――佐々岡コーチに聞いたんですけど、オフからかなり練習していたのがはっきりキャンプ初日でわかった、と言っていたんですが、オフにどんなことをやってきたんですか

中村恭「オフは誰かとやったりどっか行ったりしてたのを、今年はもうずっと大野で。その大野に来ている佐藤祥万だったり、美間とかといろんな人に影響されて、とりあえず自分が考えて、必要だと思ったことをやろうと思ってたんで。できるだけボールを投げることを重点的にやってました」

――場所を移していろんな人と余所の場所乗り込んで行くのと、大野で1人で行くっていうのは気分というか華やかさ違いません?

中村恭「その分、人がいない分、集中してできるというか、いろんなことに気を遣わずに自分のことに専念できたんで、良かったかなと思いますけど」

――より自分でメニューを考えるじゃないですか、何をやろうとかどういう風にしていこう、とかどんなことを考えてたんですか

中村恭「1番の課題というか、コントロールとかもそうなんですけど、真っ直ぐの質を良くしたいっていうのがあって、ずっと去年の終盤ぐらいからネットスロー始めてちょっと手応えがあったんで。キャンプからしっかり入っていけるように、ちゃんとアピールできるようにすることを重点的にしてたんで。ボールを投げることが1番メインでした」

――球の質っていうのは何を変えようとかどんな風にしようと思いながらネットスローしていたんですか

中村恭「ん~ちょっとこの2,3年ぐらいはちょっと押し出して投げちゃってる感じがあったんで、しっかりボールを切ってスピンをかけれるように。それでスピードガンの表示が出なくても、バッターの反応が良ければいいと思ってたんで。結果ちょっと良くなってるなっていうのは今シーズンあるんで。そこに関しては手応えがあったかなっていう感じです」

――押し出すというのはコントロールとかのことですか

中村恭「変化球覚えたりしても、バッターの反応が良くないという。やっぱ真っ直ぐありきだなっていうので、もっかい真っ直ぐを見つめ直そうって感じでした」

――入団時には将来160km/h投げたいから1年に2km/hずつ伸ばしていって、あと4年とか5年って言ってましたけど、その辺はもう考えてないですか

中村恭「やっぱりコントロールも必要なんで、元々ずっと先発やってたんで、常時でできるだけ速い球を投げれることを意識してたんですけど。今イニングいっても2イニング3イニングなんで、もっかいとりあえず150km/hぐらい投げたいなっていう気持ちはありますね」

――それと今年はシュートだと思うんですけど、シュートが入ったことによって何がピッチング変わってきましたか

中村恭「やっぱり幅が広がるというか、両サイド、例えば外にシュート投げてたら右バッターのインコースをちょっとぼかすために投げたりしてるんで、今までだったらきっちり投げきらないと、打ち取れなかったのが、ちょっと甘くてもボールの力があれば詰まってくれたりとか。で、やっぱ両サイドのシュートとスライダー使うことによって、カーブも活きてくるようになったんで。スゴいその1球で幅が広がったなっていう感じですかね」

RCCラジオ [21日] それ聴け!Veryカープ! より

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ