プロ初完封を逃した岡田「もっと大胆に攻めていければ、もっと違う形になったのかなって」ベンチ裏へ下がって叫んでいた模様【フロントドア】

[2018年5月 カープ選手インタビュー]

広島ホームテレビ “フロントドア” でカープ岡田明丈投手のインタビューが放送。初完封を目前に逃した岡田、そこから学んだこととは。

プロ初完封を逃した岡田、そこから学んだこと

5月9日 9回2アウト

岡田「9回だからって力むことがたぶん多いので、そこをあまり意識しないようにいつも通りっていう感覚では、入ってました」

連打を浴び降板

Q. 相当悔しかった?

岡田「そうですね、1-0 で勝てていたんで、そこで追いつかれてしまったので、なんか申し訳ない気持ちですね」

岡田「もっと大胆に攻めていければ、もっと違う形になったのかなっては思います」

北別府さん「やっぱりこれは経験だと思うんで、徐々にそういう長いイニングを体験していくごとに、また精神的にも成長していくんじゃないかなという感じがしますね」

――あの後、実は裏に下がってきて「うわぁ~~~」っていう叫び声が、裏の通路中に響き渡ったんですよ

広島ホームテレビ [26日] フロントドア より

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

コメントを残す