大野豊さんが考えるカープ交流戦 投打のキーマンは大瀬良&野間【お好みワイド】

[2018年5月 カープ関連 テレビ放送]

NHK広島 “お好みワイドひろしま” にカープOB・プロ野球解説者の大野豊さんが出演。大野さんが考える交流戦投打のキーマンは大瀬良&野間。

大野豊さんが考える交流戦投打のキーマンは大瀬良&野間

大野さん「投手は大瀬良ですね、打者ではやはり野間でしょうね」

投手のキーマン、大瀬良大地

――内容面はどうなんでしょうか

大野さん「1番安定感がありますね、それと信頼感というのはありますね。ちょっと今年フォームを変えたんですよね、ゆったりしたフォームからね。最後投げるフィニッシュも決まってますよね、そういう意味ではストレートの力もありますし、変化球のコントロールも良い。その中でもカットボールというのがね、今カーブ投げましたけど、こういう緩急も使えるピッチングを覚えてきたんですよね」

大野さん「そして何と言ってもカットボール、このカットボールのコントロール・精度、これが非常に上がって来ましたよね」

――フォームが安定したところが1つ1つのボールのキレなどにつながってきてるわけですね

大野さん「私はそう思いますね。フォームの安定感から生まれるコントロールの良さだと思いますよね」

【次ページへ】 野手のキーマン、野間峻祥

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

コメントを残す