會澤、好調の要因&捕手としての交流戦対策「その日の良いボールをどんどん投げ込んでいくのが大事なのかな」【フロントドア】

[2018年6月 カープ選手インタビュー]

広島ホームテレビ “フロントドア” でカープ會澤翼捕手のインタビューが放送。打撃好調の要因や、キャッチャーとしての交流戦対策を明かす會澤。

會澤翼、好調の要因&捕手としての交流戦対策

ここまでのチーム状態

會澤「チームの雰囲気っていうのはとても良いですし、みんながね、1試合1試合必死に戦ってると思うので。雰囲気としてはスゴく良いと思います」

好調の要因

會澤「1番はやっぱり一喜一憂っていうか、1打席ダメだったから~とか、何て言うんですかね、こうあんまり結果にこだわらないというか。良い反省をして次の打席に臨もうというのが、1番ですかね」

會澤「1番はつなぐ気持ちもそうですし、良いバッターでも7回は失敗するんだから、その7回の失敗をどう生かすかっていうのをスゴい考えるようになりましたね」

――今シーズン、出塁率が高い

會澤「まぁデッドボールも多いですからね😊 けっこう配球は考えるようにしてます」

――相手バッテリーの配球を打席の中でも考えている、と

會澤「そうっすね、打席行く前はもう考えて、その状況だったりとかそういうのも考えながら打席には入ってます」

【次ページへ】 會澤が考える交流戦対策

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ