左ヒジ手術からの復帰へ、床田寛樹「今はもうブルペンでほぼ100%、あともうちょっとで実戦」今季の目標は1軍登板【Eスポ】

[2018年6月 カープ選手インタビュー]

RCCテレビ “Eタウン・SPORTS” でカープ床田寛樹投手のインタビューが放送。左ヒジじん帯再建手術からの復帰を目指し、すでにブルペン投球を再開。

左ヒジ手術からの復帰を目指す床田寛樹

床田「今はもうブルペンで座りで、ほぼ100%で投げれるんで。あともうちょっとで実戦が入ってくるんで。やっとここまで来たって感じです」

2017年4月19日 DeNA 戦で左ヒジの靱帯を損傷

床田「初回は別になんともなかったんですけど、そのやった時はヒジが飛んでいったというか、なんかこの骨がズレたっていうかそんな感じになって『あ、終わった』と思いました」

2017年7月 完治を目指し左ヒジじん帯再建手術

床田「伸びて、あんまりじん帯としての機能をしてなかったので。それでなんか違うところから取って、また強くするっていうのでしたんですけど。最初やっぱ落ちましたね。決まった時とかは、そうですね、落ちましたね」

【次ページへ】 手術を終えリハビリへ

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

コメントを残す