交流戦で見えた課題から次回登板へ、九里「フルカウントになる前にしっかりどんどん勝負していく」【N6】

[2018年6月 カープ選手インタビュー]

RCCテレビ “RCCニュース6” でカープ九里亜蓮投手のインタビューが放送。交流戦で見えた課題から今後の展望を語る九里。

九里亜蓮、交流戦で見えた課題

Q. パ・リーグのバッターの印象は?

九里「どんどん振ってくるバッターも多いですし、長打も打てるバッターも多いので、警戒しないといけないのかもしれないですけど。そこは自分のピッチングスタイルを貫いてやろう、っていうので、こないだの試合で6回で打たれてしまったんですけど」

九里「しっかり投げれてヒットも打たれず三者凡退で終わるイニングもあったので、そういう意味ではどういう風に投げていけばいいか、っていうのも自分の中で少しわかった部分はあると思うので」

Q. DH制をどう見る?

九里「今はセ・リーグでもピッチャーでバッティングが良いピッチャーも多いので、そういう意味では DH だからどう、っていうのはあんまり感じず、切れ目のない打線にはなるだろうけど、1つ1つのアウトをしっかり取るっていう意識で入っていった、っていう感じなので。特にこれがスゴいな~とかそういうのはあんまり自分の中では感じてないのが、あれですかね」

Q. もう1度 交流戦で投げると思うが

九里「フルカウントになってしまうところだったり、粘られてそういうカウントになってしまった部分があったので、そこで球数も増えてしまいましたし。そういったところでその課題であったり、そこで少し甘く投げて打たれてしまったりっていうのもあったので。そういうカウントになる前にしっかりどんどん勝負していくのがいいのかな、っていう風には思いますけど」

RCCテレビ [6日] RCCニュース6 より

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ