5月11日の阪神戦で感覚を掴んだ野間「軽くでも当たるんだ、って」【フロントドア】

[2018年6月 カープ選手インタビュー]

広島ホームテレビ “フロントドア” でカープ野間峻祥選手のインタビューが放送。感覚を掴んだ、という打席を明かす野間。

5月11日の阪神戦で感覚を掴んだ野間峻祥

野間「1ストライク2ストライクと力いっぱい振って、そっから追い込まれて、軽くというか、な感じでも全然ファウルで逃げれたりできてたんで」

野間「今までだったら、真っ直ぐに対して振り負けないようにしようとしすぎていた部分があって、それが空振りになってしまって三振になって、そういうのが多かったんですけど」

野間「軽くでも当たるんだ、って少しですけど感覚的にはこういう感覚の方が良いのかなっていうのはありました」

追い込まれてから放ったプロ初満塁ホームラン&サヨナラタイムリー

野間「追い込まれてからは変に見極めようっていうよりは、何とか三振はしないように、ついていこうっていうそういう感じでやってます」

広島ホームテレビ [16日] フロントドア より

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

コメントを残す