北別府学の週刊 GO up!左ピッチャー、ジョンソン・飯田哲矢【5up!】

[2018年6月 カープ関連 テレビ放送]

広島ホームテレビ “みみよりライブ 5up!” で毎週月曜日恒例、北別府学の週刊 GO up!が放送。左ピッチャーのジョンソン・飯田哲矢に注目するぺいさん。

北別府学の週刊 GO up!左ピッチャー、ジョンソン・飯田哲矢

今季1軍登板した左腕

――左腕が欲しいのはなぜですか

ぺいさん「セ・リーグもパ・リーグも一緒ですけども、左バッターの好打者が多いってことですよね。左対左っていうのはやはり苦手な選手も多いですから、そういう選手に左をぶつけたいという」

クリス・ジョンソン

ぺいさん「お子さんが最初の子ですかね、生まれたってことで生き甲斐も出たでしょうし、責任も出てきたと思うんですけど。ただ、アメリカに帰ってちょっと良い気分転換もできたんじゃないかなと。今年の前半のピッチングっていうのは、なんかボールの判定とかでイライラしてたところもありましたからね。 そういう意味ではこの2試合見ると、良かった時のジョンソンだと思いますね」

――課題は何でしょうか

ぺいさん「課題はこういう感じですよね、やっぱりイライライライラしますんで。そういう意味では冷静に、ジョンソンの良さっていうのは、早く追い込んで早めに勝負していく、そしてバッターが打たされるというピッチングですから。そういう意味で言うとボールが先行すると、ちょっとしんどいですよね」

飯田哲矢

ぺいさん「あの強力なソフトバンクのバッターを5人、三振を取りましたけど、まだまだね、ちょっと高いボールもあるし、けっこう課題はありますけども。やっぱり今までこの2年間ほどっていうのはホントに、左ピッチャーの中継ぎっていうのはいませんでしたから。左で上から投げてたんですけど、ちょっとサイドにすることによって、やはりバッターとすれば背中方向からボールが入ってきますんで。それと外側へクロスして逃げていくボール、これが武器になってきますんでね」

――これから期待することは

ぺいさん「やっぱり左の中継ぎいませんから、そういう意味ではこのホークスで抑えたっていうのは自信になってると思いますんでね。ただ次が大事ですね、結果を出すってことと、セ・リーグで左のバッターも良いバッターが多いですから、そういうところできっちり仕事ができるような選手になってもらいたいですね」

広島ホームテレビ [18日] みみよりライブ 5up!(ごーあっぷ) より

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

コメントを残す