膝のケガから復活、1軍に帰ってきた永川「膝のリハビリ1年間やりました、終わります、引退します、じゃちょっと筋が通らない」【フロントドア】

[2018年6月 カープ選手インタビュー]

広島ホームテレビ “フロントドア” でカープ永川勝浩選手のインタビューが放送。膝の手術を決意した理由や、2年ぶりに1軍登板を果たした際の思いを明かす永川。

膝のケガから復活、1軍に帰ってきた永川勝浩

――1軍での生活というのはいかがですか

永川「久しぶりなので、ナイターとかっていうのも久しぶりですし。そういう意味では日々 緊張感のある生活をできているかな、とは思います。自分のやりたい練習もできますので、良い時間を過ごせてるかなとは思います」

2017年は5年ぶりの1軍登板ゼロ

永川「去年1年間、5月ぐらいからですね、ほとんど膝が痛くてあまり全力で走れない状態が続いてしまって、技術的にも良くない時期が続いたので。最後シーズンが終わる時に、もし今年もう1年契約してもらえるのであれば、手術をしないとダメですっていう話を球団にさしてもらって、手術してもいいってことで、さしてもらいましたね」

永川「もう1年ね、去年一昨年とここ何年か何もやってない選手に対して、もう1年一生懸命やりなさいって言われたことは、まず第1にありがたいなと思いました」

6月7日 日本ハム戦でおよそ2年ぶり1軍登板、2回無失点

永川「緊張しましたね、普通に。2軍戦でも今年毎試合緊張はして投げてたんですけど、より緊張感はありましたし、グラウンドに出た瞬間のコールされた時に、皆さんが声援をしてくれたっていうのがスゴく、ボクの中ではうれしかったですね」

永川「やはり今年契約してもらってるので、このまま膝のリハビリ1年間やりました、終わります、引退します、じゃちょっと筋が通らないので。早く復帰するっていうことがまず第1目標で、復帰してちゃんと力になるだけの技術をつけるっていうのもあったので、そういう意味では、遅いなりにも今ここにいれるっていうのはありがたいことだなと思ってます」

――今後1軍に残っていくために永川選手はどういう風に取り組んでいこうと考えられてますか

永川「もう練習して技術を上げるしかないと思うので、身体のことを考えてやってたらホントにもう、この歳になって何も出来なくなるので、もう壊れた時はほぼほぼ終わりだっていう感覚でやらないと、とりあえず技術を上げるために毎日練習していきたいなと思います」

広島ホームテレビ [23日] フロントドア より

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

コメントを残す