フォークを投げなくなった永川「もう昔みたいに落ちないんですよ」生き残るためにマイナーチェンジ【フロントドア】

[2018年6月 カープ選手インタビュー]

広島ホームテレビ “フロントドア” でカープ永川勝浩選手のインタビューが放送。代名詞だったフォークが落ちなくなり、マイナーチェンジを果たした永川。

永川勝浩がフォークを投げなくなった理由

永川「もう昔みたいに落ちないんですよ、フォークが。半分に挟んでたのをずっとやってたんですけど、ホントに落ちなくなって、スピードも、言ったらフォークのキレっていうんですかね、悪くなったので。今フォークボールも若干浅めに握って、やってます。スプリットってことですね、そういうイメージでボクは投げてます」

――マイナーチェンジをしていこうっていう風に感じて、勇気がいることなのかなと思うんですが

永川「でも残ろうと思ったらそこまで勇気はいらないので、ダメなものをすべて消していけばいいって話で、ダメならまた新しいものを何かチャレンジしないといけないですし。特に勇気というよりは生き残るために、必死にやらないといけないなと」

――スライダー・カット系で三振が奪えたりっていうところは手応えがある

永川「手応えは練習ではあります。試合ではあとでビデオ見た時に、やっぱり納得いくボールっていうのはホントに少ないので。そういう意味ではまだもっともっと練習をして、自信を持ってマウンドに上がるようにしたいなと」

――あれだけ抑えられているから、すべてが融合した時の永川さんが楽しみ

永川「そうなれるように早く、練習したいと思います」

広島ホームテレビ [23日] フロントドア より

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ