【日刊】2014.07.15 素晴らしい粘りの攻撃陣。投手陣の奮起を待ちたい。 DeNAvsカープ [80試合目]

広島先発 九里亜連、DeNA先発 久保で試合開始。

久保は右投手ながら前日痛恨のエラー、堂林を1番起用。

野村監督、熱い。

先制はDeNA、初回四球とヒットで1点。

3回にはグリエルの2ランが飛び出し3点差。

その裏、野村監督は九里をすっぱり諦め代打鈴木誠也を送り込むと、期待に応えセンター前ヒット、堂林は三振も菊池・丸が四球でエルドレッド。

見事センター前に運び2点を返す。

5回まで締まった試合、野村監督は全力で勝ちに行ったと思います。

6回からは一転、リリーフ今井が自滅し負け試合に切り替えたであろう野村監督。

8回表終了後、雨による中断を30分挟んだカープは2アウトながら満塁のチャンスを作ると、代打小窪が左中間へ3点タイムリー2ベース!続く會澤もタイムリーで4点を返す。

 

9回裏、先頭菊池・丸の連打から1,3塁、エル三振もキラがタイムリーで1点返す。

続く梵、1球目空振りからの2球目、まさかのセーフティを決め同点のランナーに。

長打で同点となる打席は田中広輔。

ゲッツーで試合終了、惜しかった…

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9   計
DeNA 1 0 2 0 0 5 2 0 0 10
カープ 0 0 2 0 0 0 0 4 1  7

~ここまで試合概要~

 

先発 九里亜連

3回 68球、被安打8、被本塁打1、与四死球3、失点3 (自責3)  。

中5日と少ししんどい登板間隔が影響したのか、精彩を欠くピッチング。

コントロールがまとまらず、3回でお役御免。

新人なので今年はローテーションを守ってくれればいいんですけれども、5回は投げて欲しいすなぁ。

 

リリーフ陣

池ノ内…1回 14球、被安打0、被本塁打0、与四死球0、失点0 (自責0)
今井…3回 85球、被安打8、与四死球5、失点7 (自責5)
河内…1回 18球、被安打0、与四死球1、失点0 (自責0)
永川…1回 20球、被安打1、与四死球1、失点0 (自責0)

1軍初登板の池ノ内くん、堂々とした素晴らしい投球。

今井、3連投で100球以上投げてるので可哀想ではあるんですが、1アウト満塁の場面でピッチャーゴロをなぜか2塁に投げ、なおかつ暴投だったのは擁護できません。

永川は連投ながらも無失点、吹っ切れたか?

 

打撃陣

なんだかんだ連日の二桁安打。

エルドレッドのマルチ安打+打点が好材料!

堂林は1番起用に応えられず、結果は出せませんでしたがやはり、期待させてくれる選手であると思います。

田中広輔は最終打席凡退しましたがしぶとくマルチ。

粘りのある攻撃でした。

というか、先発投手が試合を作れていれば充分な点数を取っているので、攻撃陣を責めることはできませんね。

 

総評

球審 杉本さんの審判には疑問符。

そして今日の采配。

賛否両論あると思いますし、多くを語るのは無粋でしょう。

ファンは1試合1試合を考え、監督は144試合を考え。

 

明日7月16日の先発は戸田隆也、前半戦最終戦を若い彼でスカッと勝ってもらいましょう :-)

関連記事

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ